投稿者「自宅へマイル!」のアーカイブ

リハビリの成功は理学療法士との信頼関係

Published / by 自宅へマイル!

私はリハビリと無縁と思っていましたが、不慮の事故突然やってきます。あやまって階段から転落し骨盤骨折により入院となり3週間の絶対安静でベッドで過ごしました。ようやく離床許可がでて本格的リハビリが理学療法士により開始されました。

それまでは整形外科医の先生が頼りで治療をしてきたのに担当が代わり不安でした。簡単なマッサージをしてもらい平行棒で立位訓練からスタートしました。人の筋肉は3週間も寝たきりだと衰え両手で平行棒で体を支えることができても足がすくんでしまって1歩が出ません。

今まで寝たきりだったのに私には過酷すぎる試練でした。この先、車いす生活か補助の杖がいるのかと思うと頭の中が真っ暗になりました。主治医の先生に見捨てられたのかと思い怒りをぶつけました。そんな時理学療法士は医師の指示書で運動を開始し個別に応じて筋肉状態を観察しどうやって筋力をつけていくのかを丁寧に説明してくれました。

素人は医師の治療がすべてと思ったり、リハビリの開始が直ぐに歩行ができると結び付けてしまいます。実際は筋肉をほぐしたりするマッサージからスタートし徐々に筋肉をつけるような運動をし医師との連携を取りながら治療をしているのです。その流れを教えてくれたことで理学療法士と信頼関係ができました。

自分に自信が持てるようになるようプラグラムが設定してありました。おかげで立位を保持することがやっとだった私は1週間という時間を要したものの自分の足で1歩前に出すことができました。今では骨折前と変わらず歩行が可能です。リハビリに前向きになれたのも理学療法士との信頼関係があったからだと思います。とても感謝しています。

手のリハビリを毎日続けることが大切な理由

Published / by 自宅へマイル!

手足が何らかの理由により自分の思い通りに動かなくなると毎日の生活に支障をきたしますよね。手が動きづらいと食事もままならないし、足が思うように運ばないと歩きづらくなってしまいます。

リハビリは継続して行うことでじわじわとその効果を発揮するものですが、そのうち特に手に関しては毎日続けるべきでしょうね。

というのも、手指は日常的に使っていないとすぐに拘縮といって筋肉が委縮して固まる症状が出やすいからです。問題のない手指なら柔軟に関節が動くので、お茶碗もお箸も自由自在に操りながら食事が可能です。それに、コップを握って飲み物を口に運ぶのもたやすいですよね。

でも手指の拘縮が進むと、この一連の動作が不自由になってしまいます。お箸を使おうにも関節が曲がってしまったままでは持つこともままならない場合もあります。

こうなると食事介助が必須になるのですが、やはりできる限りご自身のペースで好きなものを好きなように食べたいものですから、かなり辛くなることでしょう。

また、手指が上手く動かなくなることは、ご自身の文化的な活動や趣味の幅を狭めることになります。例えば文字を書こうにも、すっとした字が書けなくなります。また、編み物や細かな手作業を要する趣味をお持ちの方にはいろいろと諦めなければならないかもしれません。

手指は簡単にリハビリができるからいいとサボらず、毎日少しでも自分で動かすようにし、マッサージをして血行を良くしつつ柔軟性を保つようにしましょう。

一度拘縮が起きたら元の状態に戻すのは大変なことですから、手のリハビリを侮らないようにしてください。

自分の交通事故でのリハビリ

Published / by 自宅へマイル!

自分は現在28歳の男性会社員をおこなっております。これは自分が小学校5年生の時の話となります。

自分は交通事故にあってしまいました。それはマンションの小グランドでサッカーをしていたときに、ボールが路上にでてしまい、自分のボールでもあるので自分は慌てて取りにいきました。

そのときに車と自分は接触をしてしまいました。幸いですが、そこは細道となっていて、そして車のスピードなども遅く自分は車にどんと押されるような形で倒れ込み、そのときに足をひねってしまったのです。

すぐに救急車で運ばれてレントゲンなどで見てもらいましたが、筋を損傷して捻挫ということで処理をされました。それから自分は一週間ほど歩くことができない状態です。

訪問看護の人にもいろいろと足の検査などを行ってもらいました。そして、それからは松葉づえなどをつかずに自分で歩く練習などを行っていきました。

最初は足首などを曲げるだけでもまだ鈍痛のような痛みが走り、訪問看護の人に足を上下に動かして行進をするように歩きなさいといわれ、言われた通りにしました。

すると痛みを感じることなく、歩くことができました。それを一週間ほど繰り返して歩けるようになり、その後は、早いスピードで傷が完治をしてくれて、痛みも感じることなく歩くことができるようになりました。

現在では後遺症もなく、元気で毎日、自分の足で歩いて、仕事に励んでおります。このおかげで自分は健康体のありがたみを知りました

人生で初めて経験した辛いリハビリについて

Published / by 自宅へマイル!

私は小学校2年生の時に、人生で初めて辛いリハビリを経験しました。まだ小学校低学年だったということもあり、毎日のリハビリや病院での生活がとても辛かったという記憶があります。

そもそも、私がリハビリをせざるを得なくなってしまった原因は、左足を複雑骨折してしまったことにあります。

その時流行っていたバスケットアニメの影響で、スラムダンクがどうしてもしたかった私は、シーソーをジャンプ台にして小学生用のバスケットゴールのリングに向かってジャンプしました。
しかしまだジャンプ力がなかったことと、不安定なシーソーを土台にしたことが原因で、リングにかすりもせず私はそのまま地面に落下してしまいました。

しかも着地の仕方が悪かったらしく、落ちた瞬間周りの友達がボキッという強い音を聞いたそうです。担任の先生に担ぎ込まれてすぐに病院に行ったのですが、結果は左足脛部の複雑骨折でした。

落ちた瞬間はそうでもなかったんですが、それ以降の足の痛みがかなりひどくて、のたうちまわっていた記憶があります。

幸いにも手術をするまでには至らなかったのですが、3カ月間左足にがっちりギブスをしたままの生活を耐えなければいけませんでした。

3カ月間のギブス生活も終わり、ついにギブスを外す時がやってきたのですが、外した瞬間に見た自分の左足の細さにびっくりしました。

ずっと筋力を使っていなかったせいで通常の太さの3分の1ほどになっていました。案の定自分で立つことはできず、理学療法士の方とのリハビリ生活が始まりました。

普段何気なく行っていた二速歩行がこんなにも難しいのかと驚きましたが、自分の思うように足が動かなかったことがとても辛かったです。

それから2ヶ月ほどのリハビリを通して無事回復しましたが、小学校2年生にして人生で初めて健康であることのありがたみを痛感した出来事でした。