リハビリの成功は理学療法士との信頼関係

私はリハビリと無縁と思っていましたが、不慮の事故突然やってきます。あやまって階段から転落し骨盤骨折により入院となり3週間の絶対安静でベッドで過ごしました。ようやく離床許可がでて本格的リハビリが理学療法士により開始されました。

それまでは整形外科医の先生が頼りで治療をしてきたのに担当が代わり不安でした。簡単なマッサージをしてもらい平行棒で立位訓練からスタートしました。人の筋肉は3週間も寝たきりだと衰え両手で平行棒で体を支えることができても足がすくんでしまって1歩が出ません。

今まで寝たきりだったのに私には過酷すぎる試練でした。この先、車いす生活か補助の杖がいるのかと思うと頭の中が真っ暗になりました。主治医の先生に見捨てられたのかと思い怒りをぶつけました。そんな時理学療法士は医師の指示書で運動を開始し個別に応じて筋肉状態を観察しどうやって筋力をつけていくのかを丁寧に説明してくれました。

素人は医師の治療がすべてと思ったり、リハビリの開始が直ぐに歩行ができると結び付けてしまいます。実際は筋肉をほぐしたりするマッサージからスタートし徐々に筋肉をつけるような運動をし医師との連携を取りながら治療をしているのです。その流れを教えてくれたことで理学療法士と信頼関係ができました。

自分に自信が持てるようになるようプラグラムが設定してありました。おかげで立位を保持することがやっとだった私は1週間という時間を要したものの自分の足で1歩前に出すことができました。今では骨折前と変わらず歩行が可能です。リハビリに前向きになれたのも理学療法士との信頼関係があったからだと思います。とても感謝しています。