自分の交通事故でのリハビリ

自分は現在28歳の男性会社員をおこなっております。これは自分が小学校5年生の時の話となります。

自分は交通事故にあってしまいました。それはマンションの小グランドでサッカーをしていたときに、ボールが路上にでてしまい、自分のボールでもあるので自分は慌てて取りにいきました。

そのときに車と自分は接触をしてしまいました。幸いですが、そこは細道となっていて、そして車のスピードなども遅く自分は車にどんと押されるような形で倒れ込み、そのときに足をひねってしまったのです。

すぐに救急車で運ばれてレントゲンなどで見てもらいましたが、筋を損傷して捻挫ということで処理をされました。それから自分は一週間ほど歩くことができない状態です。

訪問看護の人にもいろいろと足の検査などを行ってもらいました。そして、それからは松葉づえなどをつかずに自分で歩く練習などを行っていきました。

最初は足首などを曲げるだけでもまだ鈍痛のような痛みが走り、訪問看護の人に足を上下に動かして行進をするように歩きなさいといわれ、言われた通りにしました。

すると痛みを感じることなく、歩くことができました。それを一週間ほど繰り返して歩けるようになり、その後は、早いスピードで傷が完治をしてくれて、痛みも感じることなく歩くことができるようになりました。

現在では後遺症もなく、元気で毎日、自分の足で歩いて、仕事に励んでおります。このおかげで自分は健康体のありがたみを知りました